HOME > 「車の音がうるさい」二重窓へリフォームで防音対策。快適な住まいに
公開日: 2020年12月21日

「車の音がうるさい」二重窓へリフォームで防音対策。快適な住まいに

こんにちは、i-sumu設計です。

皆さんはお家の中で、外の車の音や喧騒や騒音に悩まされた経験はございませんか?

 

中には「元々、自宅の壁は薄いからな」「道路沿いに住んでいるから仕方ないなぁ~」
とあきらめている方も多いと思います。

 

そんなお悩みは『窓の交換』で簡単に解決できてしまうのです!

 

本日はそんなお悩みの解決方法を、1300件のリフォーム施工実績を持つi-sumu設計がお客様の施工事例とともにご紹介。

騒音がなくなればゆっくりと映画や趣味の時間に没頭することもできますね♪

騒音の問題になる「音」は窓からやってくる

大きな道路沿いのご自宅。

嫌な車の騒音は「窓」からやってきます。

 

おそらく、その窓は一枚ガラスではないでしょうか。

 

車が走る騒音、トラックのブレーキ音、クラクションの騒音。

こんな騒音をたった1枚のうすいガラスで対策はできないのです。

 

なぜ、窓が音の入口となるのか。

その理由は2つあります。

 

① 壁と窓の違い
前提として、同じ面積で同じ厚みならば、重たい物のほうが音を跳ね返して通しません。
このことを「質量則」と言います。

窓ガラスは一軒家なら一番厚みがあるのでも約7㎜です。高層階マンションの窓ガラスでも約19㎜ミリです。これに対して家の壁は130㎜以上です。
ということは、窓ガラスは1/18の厚みしかないのです。
よって、圧倒的に窓の防音性能が悪く、そこから音が侵入してしまうのです。

 

② 窓は隙間ができる
音は空気から伝わっていきます。ということは、僅かな隙間でも通り抜けてしまうのです。

窓は開けて閉めてを繰りかえす動きが求められますので、どうしても隙間ができやすく、音が侵入してしまいます。

そこで登場するのが「二重窓」
インナーサッシともいい、二重になった窓の間の空気層によって、防音効果が現れます。

防音効果を発揮するインナーサッシとは

改めてインナーサッシとは、元々ある窓サッシの内側(インナー)に、もう一つ窓サッシを設置して窓を二重にすることです。

二重窓にリフォームすることで、話し声や楽器の音、道路を走る車の走行音など空気を通して伝わる音が部屋の中に入りにくくなります。

 

加えて、LIXIL社のインナーサッシ「インプラス」では、元々80dBの騒音が40dBほどに。音は10dB下がるごとに半分に感じるようなので、かなりの遮音効果がありますね。

[参照 LIXIL]

 

そんなインナーサッシ、実は防音効果だけではなく、他にもメリットがあるのです!

インナーサッシ(二重窓)にするメリット

断熱効果

二重窓の間に生まれた空気の層は防音効果だけではなく、断熱効果も作ります。

普通、冬は暖房で暖めた室内の空気が外へ、夏は外気が室内へ浸入。

二重窓にする事により、温度差があっても空気が逃げにくく、夏も冬も快適に過ごすことが出来るのです。

結露軽減

二重窓は室外と室内をしっかりと隔てる構造になるため、断熱効果が生まれます。なので、外気温の影響を受けにくくなり、結露の発生を大幅に抑えることが可能。

結露が原因のカビやダニなどもなくなるため、健康的でお掃除もしやすく快適な暮らしが待っています。

防犯性の向上

二重窓にすることにより、2ロックとなります。一枚窓の1ロックと比べて、2ロックは侵入に二倍かかるため侵入を防ぐ心理効果も期待できますね。

実は泥棒の侵入場所の一位は「窓」です。 ※平成30年 警視庁の調べ

二重窓にしておまけに防犯性も高めてしまいましょう!

経済性

二重窓で断熱性能がアップしていると、暖房・冷房ともに設定を弱められるため、毎月の暖冷房費が節約できます。暑い夏、寒い冬などは少なからず暖冷房は使用するため、嬉しい効果ですね。

防音効果

二重窓の間に生まれた空気層は、外からの騒音が室内に入ることや、室内で発生した音が、外に漏れるのを抑える効果があります。

 

 

 

インナーサッシの取付工事の流れ

続いては、インナーサッシの取り付け工事の流れをお伝えいたします。

お問い合わせ

メールフォームやお電話でご相談内容をご説明ください。平日はお仕事でお忙しいという方のために、i-sumu設計では土日祝もご相談を受け付けております。

現場調査・診断

お問い合わせ後、日程調整しご自宅にお伺いさせていただきます。お話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングしてお客様のお悩みをまとめます。その後、ヒアリング内容に基づき、入念な現地調査をいたします。

正式見積

現地調査を基に、お客様のご自宅やご予算、お悩みに会ったご提案をさせていただきます。一つでもご不明点やご要望がございましたら、お気軽にお申し付けください。

工事・お支払い

お客様の御都合にそって工事日を決め、工事スタートです。

インナーサッシを活用した施工事例

お客様は幹線道路が近く、車の音などが気になるというお悩みを抱いておりました。

そこでi-sumu設計にご相談して頂き、出窓にインナーサッシを設置するご提案をいたしました。

 

設置後、「驚くほど静かになった!!」と喜んで私達も嬉しい限りです!

 

また、同時に出窓部分にアクセントとしてネイビーブルーのクロスを張り、アーバンなオシャレで素敵な空間に仕上げました!

before

after

手軽にオシャレになるアクセントクロスの豆知識

リビングにアクセントクロスを使う場合はソファやテレビの後ろや窓際といったインテリアの少ない面に配置するのがオススメ。
アクセントクロスを張ることでお部屋の印象をガラッとオシャレ変えることが出来るのです!
「無難な色の壁紙は寂しいけど、かといって派手な色使いの壁紙を使って冒険するのも不安・・・」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方にオススメの壁紙の貼り方なのです!

例えば、色一色のリビングの壁を都会的なモダンな雰囲気にしたい場合は、ブルーのアクセントクロスが合います。

もちろんリビングやダイニングだけでなく子ども部屋や寝室、トイレや洗面所にも使うこともオススメです!

色を入れるだけでなくストライプや木目、石目といった柄を使っても個性が出て面白いですよ!

 

アクセントクロスをお考えの際は、性能×デザイン×提案力が自慢のi-sumu設計にぜひご相談ください!

i-sumu設計だからできる住まいの性能向上と豊富なデザイン力と提案力でお客様によりそったご提案をさせていただきます!

まとめ

今回は防音対策の一例として、インナーサッシのリフォームを弊社の施工事例とともに紹介させて頂きましたが、あくまで一例になります。

 

窓による防音対策のリフォームはメリットたくさんあり、リフォームすることで暮らしやすい住環境を手に入れることができます。

健康で快適に住みやすく暮らせて、自宅が静かで落ち着ける、心から安らげる場所にしましょう!

 

そして、性能に+デザインを!暮らしに彩りを添えて日々の生活をより豊かで愉しくしていきましょう!

インナーサッシの取り付けでは、半日で取り付けができるので、お忙しい方でもお気軽に工事ができます。

 

不安なこと、詳しく知りたい方などはi-sumu設計へご相談くださいませ。

優しい事務員さんがお待ちしております^^